<イベント情報>ユン・ソングンさんが語る「最新韓国の本屋さん事情」

2年前にチェッコリで素敵なトークを披露してくれたユン・ソングンさんが、また東京にいらっしゃると伺い、トークイベントを開催することになりました。

<イベント内容>

「本の探偵」「書店デザイナー」という2つのあだ名を持つ作家のユン・ソングンさんは、入手困難な絶版本を見つけ出して、新たな意味を作りだす古本屋の店主。「ソウル市書店学校」を運営するなどの幅広い活動で、地元の小さな書店作りに力を注いできたユンさんは最近では毎年著書を出しています。
その著書を紹介いただきながら、最新の韓国の本屋さん事情などをお話いただきます。

※通訳付き

<プロフィール>

18111701

ユン・ソングン:大学でコンピューターを専攻。IT企業に10年勤めるも、本が好きすぎて退職。2007年に「不思議の国の古本屋」を作る。現在は「深夜書店」「古本がわたしに話しかけてきた」「探書の楽しみ」などを執筆しながら古本屋を運営している。2011年には、ソウル市長の執務室を古本屋のようにデザインする仕事が話題になった。

○「不思議の国の古本屋」とは?

ユン・ソングンさんが運営する「不思議の国の古本屋」は、彼が好きなルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』から名前を拝借している。2007年から営業を開始し、今年で10年目を迎えた。韓国で初の編集shop形態の古本屋として、その後に続く多くの書店のロールモデルとなった。「地方には書店が必須だ」という運営哲学を守り抜いている。

181117_2015 181117_2016 181117_2018

<イベント概要>

■日時:2018年11月10日(土)12:00~13:30
■参加費:2000円(ワンドリンク付き)
■定員:30名

⇒ お申し込みはココをクリック!

2018-10-12 (金)