[2019年10月開講]チェッコリ翻訳スクール■ビジネス翻訳コース

■ビジネス翻訳コース

本講座では韓国語の法務文書や財務文書などを翻訳しながら、分野に応じた適切な翻訳、原文に引きずられない翻訳をするためのコツを学びます。ビジネス文書というと敷居が高く感じられるかもしれませんが、学習を進めていくうちに独特な文体や形式にも慣れ、次第に要領が分かってきます。新しい分野に挑戦したい方、翻訳会社のトライアルを受けてみようと考えている方など、様々な方のスキルアップが図れます。

 

IMG_7333

受講生の終了後の感想より
●翻訳を取りまく環境は日に日に変わります。一線で活躍中の講師から「生きたアドバイス」を受けられる絶好のチャンスです。(Sさん)
●専門用語を使用し、実際に文字におこす難しさを学びました。(Wさん)
●久しぶりにグループレッスン、しかもかなりレベルの高い方たちとディスカッションしながら進められる授業ということでかなり刺激になりました。(Iさん)
●ビジネス文書の訳し方は、決まった表現があるのでポイントを指導してもらえる講座で学ぶのはいいと思う。(Yさん)
● ビジネス翻訳コースが終わった途端に、1つ契約書の韓日翻訳の仕事がありました!今まで時間がかかっていましたが、おかげさまで今回は講座で習ったことを生かすことができました!ビジネス文書だけでなく自己啓発書といった何気ない文章でも先生の訳文は全然違うので、翻訳会社に登録して仕事をしているとはいえまだまだ修行が足りないと実感しています。(Hさん)

 

◎受講対象者
韓国語能力試験(TOPIK)3級以上相当の方/定員6名

 

◎カリキュラム(予定)

第1回:ビジネス翻訳とは
法務文書(法務用語の説明・法令)
第2回:法務文書(第1回の復習・契約書)
第3回:財務文書(会計用語の説明・財務諸表)
第4回:財務文書(第3回の復習・監査報告書)

このほかに、毎回、新聞記事やノンフィクション作品などから800字ほどの課題を訳していただきます。同じ原文でも訳す人によって様々な訳文が生まれます。みなさんとのディスカッションを通じて、適切な訳文を考えていきます。

 

◎講師
五十嵐真希
maki_i

早稲田大学卒業。書籍の翻訳をはじめ、リーガル文書、IR 文書、技術仕様書等の産業翻訳、ゲーム翻訳等、様々な分野の翻訳に携わる。訳書に『豊渓里 北朝鮮核実験場 死の光景』(徳間書店)、『満州夫人』(かんよう出版)、共訳に『朝鮮の女性(1392-1945)-身体、言語、心性』、『韓国・朝鮮の知を読む』(いずれもクオン)、『銭の戦争』(竹書房)などがある。K-BOOK読書ガイド『ちぇっく CHECK』の企画・編集を担当中。

 

◎スケジュール

2019年10月5日(土)開講/第1、第3土曜日/15:00~16:30/各回90分
10/5、10/19、11/2、11/16

※講師の都合等により変更になる場合には、補講を行うか、休講回数分の料金を返金いたします。

 

◎受講料
8,000円×4回=32,000円(税別)
※入会金なし

⇒ 受講のお申し込みはココから

 

【特記事項】
・4人以上で開講します
・開講が決まり次第、追って事務局よりお振込等のご案内メールをお送りします
※必ず「チェッコリ翻訳スクール受講規約」を読んでからお申し込みください

 

2019-07-13 (土)