申込期間延長![2020年5月開講]文芸書翻訳コース吉川凪クラス

2020年5月開講のチェッコリ翻訳スクールは、全講座をオンラインで開催いたいます

 

■文芸書翻訳コース吉川凪クラス
韓国語で書かれた文芸作品の内容を正確に理解し、読む人に伝わる日本語の文章に直す練習を、実践的な演習形式で行います。

 

◎カリキュラム(予定)
第1回~第6回 翻訳演習
受講者は訳文をMS-word等で作成し、授業が始まるまでに各自コンピューター画面に表示しておいてください。授業ではZoomの共有機能で受講者のうち一人の訳文を全員で見て意見を交換しながら検討します。予め割り当てることはしません。もし準備ができなかった場合も、授業には参加して下さい。

 

◎受講対象者/定員
日本語の文章力と、ハングル検定2級以上の韓国語読解力のある方/8名(最少催行人数4名)

 

◎オンライン受講について
・オンライン会議システムzoomを使用します。
・セキュリティ対策を講じ、開講いたします。
・PCでの受講をお勧めします。
・開講決定後、zoomに関する詳しい接続方法などはご案内し、希望者には講義開始前にzoomでの受講練習の機会を設けます。

 

◎使用教材
김원일(金源一)『마당 깊은 집(深い中庭のある家)』(문학과지성사、2019)

0426173354_5cc2c272a665c
※朝鮮戦争直後の大邱を舞台にした自伝的長編小説です。文章自体は難解ではありませんが、当時の状況を考えないと理解できない部分があります。受講者には開講前に登場人物や背景、全体のあらすじなどを日本語で解説したプリントをお渡しします。
※今期は一番最初(7ページ)から始めます。一回の授業で5、6ページぐらい進むだろうと予想していますが、授業をやりながら無理のない進度にしたいと思います。
※書籍をすでにお持ちの方は持参ください。お持ちでない方はチェッコリで受講生20%割引きで購入可能です。

 

◎スケジュール
2020年5月23日(土)開講/第2、4土曜日/13:00~14:30/各回90分計6回
5月23日、6月13日、27日、7月11日、25日、8月8日

※中間に5分程度の休憩時間を設けます。
※授業中に講師側のインターネット事情で通信が切れた場合、通常は10分以内に元に戻ります。その場合、授業がその分延長されます。
※やむを得ない事情で休講になった場合に備えて5月30日、8月22日を補講日とします。

 

◎講師
吉川凪[よしかわなぎ]

yoshikawa
翻訳家。仁荷大学校国文学科博士課程修了(近代文学専攻)。文学博士。
著書: 『최초의 모더니스트 정지용』、 『朝鮮最初のモダニスト鄭芝溶』、『경성의 다다, 동경의 다다』、 『京城のダダ, 東京のダダ』
訳書:『申庚林詩選集 ラクダに乗って』、パク・ソンウォン『都市は何によってできているのか』、谷川俊太郎、申庚林『酔うために飲むのではないからマッコリはゆっくり味わう』、チョン・セラン『アンダー、サンダー、テンダー』、キム・ヨンハ『殺人者の記憶法』(第4回日本翻訳大賞)、朴景利『土地』、崔仁勲『広場』、チョン・ソヨン『となりのヨンヒさん』など。

 

◎受講料
8,000円×6回=48,000円(税別) ※入会金なし

⇒ 受講のお申し込みはコチラから 応募締切:5月6日(木)

※お申込み期間を1週間延長します

【特記事項】
・開講が決まり次第、追って事務局よりお振込等のご案内メールをお送りします
※必ず「チェッコリ翻訳スクール受講規約」を読んでからお申し込みください

2020-04-12 (日)