※定員になりました [2020年5月開講]出版翻訳入門コース

2020年5月期はチェッコリ翻訳スクールの全講座をオンラインで開講します。

 

■出版翻訳入門コース
作文と翻訳の違いはどこにあるのか、翻訳とはどんな作業なのか、具体的に考えることを目的としたコースです。単語にこめられた意味や背景を訳文にどう活かせるか自分なりのアイディアを出し、原文を読み込んで要約文を作成するなど、翻訳を目指すうえで必要な作業を学びます。翻訳経験のない方を主な対象としています。

 

◎カリキュラム(予定)
第1回:原文の解釈
第2回:訳文の作成
第3回:読解と要約
第4回:読解と要約
第5回:翻訳実践:ノンフィクション
第6回:翻訳実践:フィクション

 

◎受講対象者
韓国語能力試験(TOPIK)5級程度に相当する方(翻訳業務の経験がない方におすすめの講座です)/8名(最少催行人数4名)

 

◎オンライン受講について
・オンライン会議システムzoomを使用します。
・セキュリティ対策を講じ、開講いたします。
・操作性の点からPCでの受講をお勧めします。ただし、スマホ、タブレットでの受講は可能ですが、一部利用方法で制限がかかる場合がある点は、あらかじめご了承ください。
・開講決定後、zoomに関する詳しい接続方法などはご案内し、希望者には講義開始前にzoomでの受講練習の機会を設けます。

 

◎スケジュール
2020年5月30日(土)開講 / 原則として第1、第3土曜日/15:30~17:00(各回90分)
5月30日、6月6日、6月20日、7月4日、7月18日、8月1日
(講師の都合による休講の場合、8月に補講を行います)

 

◎テキスト
講師が準備したプリントを、その都度お渡しします。

 

◎講師
古川綾子
furukawa

神田外語大学韓国語学科卒業。延世大学教育大学院韓国語教育科修了。文化体育観光部発行韓国語教員2級取得。第10回韓国文学翻訳院翻訳新人賞。神田外語大学講師。訳書に『降りられない船―セウォル号沈没事故からみた韓国』、『そっと 静かに』(クオン)、『アリストテレスのいる薬屋』(彩流社)、『未生 ミセン』1―9巻(講談社)、『走れ、オヤジ殿』(晶文社)、『娘について』、『外は夏』(亜紀書房)など。『未生 ミセン』で第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞。

 

◎受講料
5,000円×6回=30,000円(税別) ※入会金なし

⇒ 定員になりました 応募締切:5月10日(日)

 

【特記事項】
・開講が決まり次第、追って事務局よりお振込等のご案内メールをお送りします
※必ず「チェッコリ翻訳スクール受講規約」を読んでからお申し込みください

2020-04-14 (火)