梅雨時に読みたい「雨を扱った児童書・絵本」特集

各地で梅雨入りが発表されましたが、豪雨や空梅雨など地域ごとに差があるようですね。雨が続くと外出が不便だったりしますが、梅雨は暑い夏や実りの秋を迎えるための大切な時期でもあります。今月は雨音を聞きながらゆっくり読んでみたい、雨を扱った児童書や絵本を集めてみました。

 

◇戦争と分断の歴史を知る児童書
『장마』(梅雨)

tyama
韓国軍に息子を送った母方のおばあちゃん、パルチザンに息子がいる父方のおばあちゃんと一緒に暮らすことになったぼく。長い梅雨が続くある日、母方のおばあちゃんに訃報が届く。「アカなんてみんな死んじまえ!」と泣き崩れる母方のおばあちゃんに、パルチザンにいる息子を案じる父方のおばあちゃんは激怒するが……。3人を通して半島分断の現実を語る物語。
⇒ 購入はコチラから

 

◇雨のオノマトペが楽しい絵本
『비 오는 날에』(雨降る日に)

x9788994258287 (1)
広い世界の絵本シリーズの一冊。ある夏の雨の日、学校から戻り、ひとりでお母さんの帰りを待つ女の子。思いがけず遊びにやってきたたくさんの動物と楽しく過ごすうちに……。

⇒ 購入はコチラから

 

◇はじめて傘を買ってもらった子どもの物語
『야, 비 온다』(わぁ、雨だ)

0302155736_58b7c260bb19f
やっと買ってもらった自分だけの傘がうれしくて、その日から雨を待ち続けるタニ。葉っぱが風に揺れる音、自転車のタイヤの音、すべてが雨音のようで、そのたびに傘を開いて外に飛び出しますが、なかなか雨は降ってくれません。そんなある日、ついにポツポツという音が聞こえ始め……。

⇒ 購入はコチラから

 

◇絵と音を楽しむ作品
『노란 우산』(黄色いかさ)
x9788943306915

色とりどりの傘の絵と雨の日の風景が印象的な、文字のない絵本です。付属のCDに収録されたピアノ曲と目に鮮やかな傘の絵を一緒に楽しめる、大人へのプレゼントにもぴったりの一冊です。

⇒ 購入はコチラから

 

◇雨の日は楽しいことがいっぱい!
『비 오는 날은 정말 좋아!』(雨の日だいすき!)
x9788915085916 (1)

窓から外を見ていたら風がビュービュー吹き荒れ、雨と一緒にカミナリも鳴りだした。まるで花火大会みたい! ママに見つからないようにこっそり外に出て、赤い傘をさしてみると、今度は雨粒がにぎやかに歌い始めた。日本でも『天女銭湯』などでおなじみのペク・ヒナさんが絵を担当した、想像力をかきたてる作品です。

⇒ 購入はコチラから

 

◇ミュージカルやアニメにもなった韓国のベストセラー童話
『구름빵』(雲パン)

x9788953527058

今も子どもたちに愛され続けているペク・ヒナさんの代表作。ある雨の日、散歩に出かけたネコの兄弟は木の枝に引っかかった雲を見つけ、家に持って帰ります。その雲でお母さんが作ってくれた雲パンを食べた2人は、不思議なことに空が飛べるようになります。朝ごはんを食べずに出勤したお父さんを心配していた2人は、お空の上からお父さんを探しているうちに……。

⇒ 購入はコチラから

 

◇優しさいっぱいの童話
『송이의 노란 우산』(ソンイの黄色いかさ)
x9788939520721[1]

商いをするママと一緒に、毎日市場に出かけるソンイ。たったひとりの遊び相手は埃まみれの真っ黒なお人形ですが、ソンイの大切な宝物です。ある雨の日、ソンイはそのお人形を大きな水たまりに落としてしまいます。拾うことを諦めかけたそのとき、怖いとばかり思っていた「野菜じいさん」が現れ、お人形を拾ってくれます。生活は苦しいけれど、思いやりにあふれる人々の温かさが伝わってくる作品です。

⇒ 購入はコチラから

2017-06-20 (火)