2019チェッコリベストセラー

今年もいよいよ、恒例の「チェッコリベストセラー 」発表の季節となりました。

韓国文学ブームの影響で、上位10位のうちなんと、翻訳本が半数を占めています。
2020年もぞくぞくと邦訳出版の予定があります。ますますの盛り上がりが楽しみですね。
(※順位はチェッコリのオンライン書店「CHEKCCORI BOOK HOUSE」の売上冊数を元にしています)

◇第1位
『第3回日本語で読みたい韓国の本―翻訳コンクール課題作(セット)』

0719201100_5d31a544c7dd5

第1回は212人、第2回は167人とたくさんの方々からご応募いただいた翻訳コンクールですが、こちらは第3回目の課題作「대니」と「토끼와 잠수함」が収録された2冊セットです。コンクールの応募締め切りは2020年1月31日(金)。今年は何人の方にご応募いただけるか、とても楽しみです。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第2位
『한국어능력시험 TOPIK 2 (토픽2) 합격 레시피 』(韓国語能力試験TOPIK2合格レシピ)

0820135935_5d5b7e37e9ccb

数あるTOPIK対策本の中で断トツ人気のこちら。「3級から6級まで、レベルごとの分析がしっかりされていて、解説もわかりやすい」と韓国語学習ジャーナルのとんそく子さんもおすすめの1冊です。 聞き取りと作文対策もバッチリできますよ。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第2位(同点)
『나는 나로 살기로 했다』(私は私のままで生きることにした)

0110125057_5c36c1213925e

BTS(防弾少年団)のジョングクの愛読書として知られる人生の応援エッセイ。韓国で70万部を突破し、日本でも2019年2月に翻訳出版されて20万部を超えた異例のベストセラーです。タイトルどおり、自分らしく生きるには何が必要かをわかりやすい言葉で教えてくれます。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第4位
『82년생 김지영』(82年生まれ、キム・ジヨン)

x9788937473135

2018年12月に邦訳本が出て以来、かつてないほどの韓国小説ブームを引き起こしたフェミニズム小説の原作本。30代の女性が経験している“言語化できなかった性差別”をストレートに描きだし、多くの女性たちの共感を得ています。韓国では映画化もされ、2019年10月の公開以来、動員数は300万人を超えたとか。日本での公開も待ちどおしいですね。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第5位
『韓国映画100選』

korea_movies

韓国の映画誕生から100年。現存する最古の作品から『パラサイト 半地下の家族』まで、韓国随一の映画専門家67人が鋭い視点から切り込んだ評論集です。日本統治時代、民主化、南北分断、フェミニズムなどさまざまキーワードから韓国社会を知ることが可能。韓国映像資料院編の原作は絶版となっているため、貴重な資料ともいえます。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第6位
『일본어를 군것질로 배웠습니다만?』(買い食いで日本語を勉強しましたが)

0718135213_5d2ffafd6560d

日本のコンビニやスーパーでよく見かけるスナック菓子やチョコレート、サンドイッチ、おにぎりなどのイラストに書き込まれた商品情報の数々。元々は、そこからリアルな日本語が学べると韓国人に人気の語学エッセイですが、日本人にも大好評。身近な商品の表示から韓国語を学べる面白い1冊です。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第7位
『소설 보다 : 봄-여름 2018』(小説 見る:春・夏2018)

0319133325_5c90711522c2e

今、韓国でもっとも注目されている若手作家、チョ・ナムジュ、キム・ヘジン、キム・ボンゴン、チョン・ジドンの4人の短編と作家インタビューを収録したアンソロジーです。年間4冊ずつ刊行されている「소설 보다」シリーズの1冊目で、お気に入りの作家を見つけるのにいいかもしれません。コンパクトなサイズで持ち歩きにもぴったりです。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第8位
『私が30代になった』

0521071248_5ce32660d05fc

独特の存在感で注目されているマルチアーティスト、イ・ランの2冊目の邦訳エッセイ。おかしくて切なくてほっとする30代女性の日常が、彼女自身が描いたイラストとともに綴られています。韓国語も併記されているので、韓国語を勉強し始めたばかりの人にもおすすめです。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第9位
『原州通信』

1009114701_5bbc16a5c5bbd

11月の「K-BOOK FESTIVAL」のブックトークでユーモラスかつ真摯に、自らの日常や作品観などを語ってくれたイ・ギホさんの作品。彼が子どものころ、近所に越してきた『土地』の著者、朴景利さんへのオマージュともいえる短編です。「韓国文学ショートショートきむ ふなセレクション」の5冊目。日韓両語で読めるうえに、YouTubeで朗読も聴けます。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第10位
『ショウコの微笑』

1212211553_5c10fbf9e702b

今、韓国でもっとも注目されている若手作家チェ・ウニョンの初短編集。哀しみ、苦しみを抱えながら他者と対話し、かかわることで、自らの人生に向き合おうとする人々の姿が描かれています。デビュー作を含む7編が収録されていて、どの作品にも力強さとみずみずしさがあふれています。「第1回日本語で読みたい韓国の本―翻訳コンクール」課題作。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第10位(同点)
『静かな事件』

0912192904_5d7a1df01ec0f

「第2回日本語で読みたい韓国の本―翻訳コンクール」課題作で、「韓国文学ショートショートきむ ふなセレクション」の第7作目として刊行されました。ソウルの再開発地区で過ごした少女時代を回想しつつ、忘れかけていた出来事や当時は気付けなかった感情をそっと取り出し、静かに見守る繊細な物語です。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第10位(同点)
『달에게 들려주고 싶은 이야기』(月に聞かせてあげたいお話)

x9788954620666

1編が7、8ページとまさにショートショートといえる27の超短編が掲載されています。著者は『母をお願い』の申京淑さん。韓国語の小説を初めて読む方にいつも真っ先におすすめしていますが、そのたびにほとんどの方が気に入って買ってくださる1冊です。一日の終わりに1編ずつ読むことから始めてみませんか。
⇒ 購入はコチラから

 

◇第10位(同点)
『일본어 번역 스킬』(日本語翻訳スキル)

x9788957979419

毎年トップ10入りしているこちら。まだまだ健在です。韓国語ネイティブの日韓翻訳者のためにつくられた学習書ですが、日本語ネイティブにとっても、韓国語の会話や作文に大いに役立ちます。著者のお一人は、『ホール』(ピョン・ヘヨン著)や『七年の夜』(チョン・ユジョン著)などの訳者でもあるカン・バンファさんです。
⇒ 購入はコチラから

2019-12-23 (月)