[2024年9月開講]文芸書読解コースきむふなクラス

2024年9月期はチェッコリ翻訳スクールの全講座をオンラインで開講します。

■文芸書読解コースきむふなクラス

翻訳家きむ ふなさんの指導のもと、小説を読み込む力を身につける講座です。
3ヶ月6回で一作品をじっくりと読み進めます。
講座は韓国語で進行されます。韓国語の聞き取りや会話の練習はもろちん、発音やイントネーションも学べる講座です。

※2024年9月期は、原則第1、第3木曜日の開講ですが、一部変則的になっています。継続でのご受講の方も含め開講日について、スケジュールをご確認ください。

◎講座の進め方

毎回、受講者全員で一定の量を朗読します。小説ならではの豊かな語彙や表現、ニュアンスについて意見交換し、作品についての感想を交わします。
作家の作品世界、作品の文化的・社会的な背景について調べるなど、楽しいクラスを目指します。

※動画の進め方は動画でもご覧いただけます

◎オンライン受講について
・オンライン会議システムzoomを使用します。
・セキュリティ対策を講じ、開講いたします。
・操作性の点からPCでの受講をお勧めします。ただし、スマホ、タブレットでの受講は可能ですが、一部利用方法で制限がかかる場合がある点は、あらかじめご了承ください。
・開講決定後、zoomに関する詳しい接続方法などはご案内し、希望者には講義開始前にzoomでの受講練習の機会を設けます。
・欠席の方も含め、全員に開講日翌日に録画URLをお送りします。欠席された際の補講として、また復習にご活用ください。

◎受講対象者/定員
ひととおりの中級文法を終え、辞書を引きながら作品がだいたい読める方/定員10名(最少催行人数5名)

◎対象書籍・作品

황정은 「모자」2008年作(『끌어안는 소설』に収録)

 

384

 

※書籍をお持ちでない方はチェッコリで受講生20%割引きで購入可能です。
開講決定後、メールで購入についてもご案内いたします。(開講決定前の割引購入はできませんのでご了承ください)

◎スケジュール
2024年9月5日(木)開講原則として毎月第1、第3木曜日/19:00~20:30/各回90分計6回
9月5日、9月19日、10月3日、10月17日、10月31日、11月14日

◎講師プロフィール
きむ ふな

hunakim

翻訳者。韓国生まれ。韓国の誠信女子大学、同大学院を卒業し、専修大学日本文学科で博士号を取得。翻訳書に、ハン・ガン『菜食主義者』『引き出しに夕方をしまっておいた』(共訳)、キム・エラン『どきどき僕の人生』、ピョン・ヘヨン『アオイガーデン』、チョン・ミギョン『夜よ、ひらけ』、パン・ヒョンソク『サパにて』(以上、クオン)、津島佑子・申京淑の往復書簡『山のある家、井戸のある家』、孔枝泳『愛のあとにくるもの』、『いまは静かな時—韓国現代文学選集』(共訳)など、著書に『在日朝鮮人女性文学論』、編著書に『韓国文学を旅する60章』がある。韓国語訳書の津島佑子『笑いオオカミ』にて板雨翻訳賞を受賞。

◎受講料
5,000円×6回=30,000円(税別)※入会金なし

⇒ 受講のお申込みは コチラ から(6月30日正午以降にアクセスできます)

【特記事項】
・5人以上で開講します
・開講が決まり次第、追って事務局よりお振込等のご案内メールをお送りします
※必ず「チェッコリ翻訳スクール受講規約」を読んでからお申し込みください