オンライン【チェッコリ大学】熊木勉先生から学ぶ「転換期における韓国の詩」-第2回4月革命から軍事政権へ

チェッコリ大学とは、

はじまりは一本の映画、ドラマ、そして一冊の本から
文化や歴史を知れば、その国のひとがわかる
まじめに、愉快にアプローチ

そんな学びの場です。

その[チェッコリ大学]シーズン2を開始します。
シーズン2は、第3弾は天理大学国際学部教授の熊木勉先生に解説いださき、「転換期における韓国の詩」をテーマにお届けします。
※オンタイムでご覧いただけない方は、見逃し配信でご覧いただけます

 

<講義内容>

時代の転換期を迎えたとき、人々は何を感じていたのか、あるいは変わりゆく空気の中で詩人たちは何を書きとめていたのか。ときには歴史の証人のように時代を見事に詩に反映した詩人もいるでしょうし、日々の生活をそのままに切々と、あるいは淡々と描いた詩人もいるかと思います。

日本でも韓国の詩は随分と身近な存在になってきました。時代の転換期を目の当たりにした詩人たちの詩を通じて、彼らの声を聴くことにより、韓国の社会、文化、家族愛、一人の人間としての感情、そうしたさまざまなものが見えてくるだろうと思います。

詩は不思議な力を持っていて、言葉を私たちの胸に刻み込みます。私たちはそれを反芻するように何度も読み返すこともあります。時代の激流の中で刻まれた言葉の中に私たちが何か感じるものがあるとすれば、それは現代を生きる私たちの心にとても貴重なものにもなり、韓国という国をより深く知る一つの道筋を照らしてくれるものにもなると思います。皆さんと一緒に、激流の中を生きた詩人たちの言葉に触れてみたいと思っています。

 

②2021年11月26日(金)/4月革命から軍事政権へ

自由が訪れたかに思われたつかの間の四月革命、そしてその後の厳しい軍事政権下で詩人たちはどのような詩を書いたのか、そこにどのような傾向を見出すことができるのか、皆さんと一緒に考えることができればと思います。読んでみる詩人としては金洙暎(キム・スヨン)、申東曄(シン・ドンヨプ)、申庚林(シン・ギョンニム)らを予定しています。

 

-----------第1回、第3回の概要はコチラです----------------

①2021年10月29日(金)/解放から朝鮮戦争へ

歓喜に満ちた解放期から、民族の悲劇となった朝鮮戦争の時代の詩を見てみることにします。この時期に注目できる一つの動きにモダニズムの再起があったように思います。新しい言葉を用いながら、あるいは新しい言葉をどう試みるか戸惑いもしながら書かれた詩を読んでみます。朴寅煥(パク・インファン)、金洙暎(キム・スヨン)、朴鳳宇(パク・ポンウ)らの詩を読んでみる予定です。

 

 

 

③2021年12月17日(金)/光州事件から6月抗争、1990年代へ

激しい弾圧の嵐が吹き荒れた光州事件に関係する詩、あるいは民主化のために尽くした人たちの詩、厳しい状況下でも自分の生活を粛々と営む生活の風景を描いた詩など、1980年代から1990年代の詩人たちを見てみることにします。金準泰(キム・ジュンテ)、金南柱(キム・ナムジュ)、郭在九(クァク・ジェグ)、キム・ヨンスンらの詩を読んでみる予定です。

 

<プロフィール>

熊木 勉(くまきつとむ)

tsutomu_kumaki

天理大学国際学部外国語学科韓国・朝鮮語専攻教授。専門は朝鮮現代文学。
共著に『朝鮮語漢字語辞典』、『韓国文学を旅する60章』など。共訳書に『太平天下 (朝鮮近代文学選集)』、『思想の月夜 ほか五篇 (朝鮮近代文学選集)』などがある。

<講義概要・申し込み>

■日 時:2021年10月29日(金)、11月26日(金)、12月17日(金)
の各19:00~21:00
■参加費:1回券2500円/3回通し券7000円
※オンタイムでご覧いただけなかった場合も含め、終了後、お申し込みの方全員に、録画URLを提供します。
※第1回ならびに第2回の開催以降に3回通し券をお申込みの場合には、過去イベントに関しては録画URLで講座を受講いただくことが可能です。
■定 員:各回30名程度

⇒ お申し込みはココをクリック!

※イベントはオンライン会議システム「zoom」を活用して開催されます
※講座へのzoomのアクセス情報は、開催日前日午前中にお申込み者全員に一斉メールします。一斉メール以降にお申込みの方には、開催日当日19時に改めてお知らせします
開催日当日の申込受付は、19時までとさせていただきます。システム上は申込は可能ですが、時間を過ぎた場合には録画でご覧いただきます。ご了承ください
※万が一受け取れなかった場合などは、チェッコリまでお問い合わせください

【お申込み方法と見逃し配信について】

●お申込について
イベントのお申込みは、Yahoo! JAPANのデジタルチケット「Pass Market」のシステムを使用し、オンラインによる事前申込と連動したイベント代金前納をもって受付完了となります。
Yahoo IDやPaypay決済でお申し込みの場合、連動して登録されているメールアドレスで申し込みとなります。そのため、配信に関するご案内もそのメールアドレスに届きますので、どうぞご注意ください。

●見逃し配信について
当日オンタイムでご覧いただけない方、当日急にキャンセルとなった方も含め、開催後、全員の方に録画データURLをお送りします。2週間有効の見逃し配信でご覧いただけます。

カレンダーを表示