【満席となりました】韓国の人気作家パク・ミンギュさん来日トークイベント

2003年、韓国の文壇に突如として舞い降りたパク・ミンギュさん。デビュー以来、新鮮な文体と奇想天外な発想で作品を発表し、〈韓国文学界の異端児〉として人気作家の地位を獲得してきました。
日本でも『カステラ』(クレイン)、『亡き王女のためのパヴァーヌ』(クオン)、『ピンポン』(白水社)が続々と刊行され、大きな注目を集めています。

castella 0528012307_5748746be384c pinpon

このたびは、『三美スーパースターズ、最後のファンクラブ』(晶文社)の刊行にあわせて来日されるパク・ミンギュさんと翻訳者の斎藤真理子さん、吉原育子さんをお招きして、トークイベントを開催します。

ふるってご参加ください。

【イベント概要】

■会場:文化産業信用組合101ビル会議室
東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル3階( アクセスはコチラ )

map
■日時:2017年11月17日(金)18時30分開場、19時〜20時30分(トーク&サイン会)
■定員:60名
■参加費:無料

⇒ 満席となりました

 

※インタビュー等、取材のお申込みはこちらまでお願いします
→ 晶文社編集部(電話03-3518-4942 担当:斉藤、松井)

 

【プロフィール】

パク・ミンギュ:1968年、韓国・蔚山生まれ。中央大学文芸創作学科卒業。2003年、『三美スーパースターズ、最後のファンクラブ』でハンギョレ文学賞と『地球英雄伝説』で文学トンネ新人作家賞をダブル受賞して話題になる。その後、05年に『カステラ』で申東曄創作賞、07年に「黄色い川、舟一隻」で李孝石文学賞、09年に「近所」で黄順元文学賞、10年には「朝の門」で韓国で最も権威あるとされる李箱文学賞を受賞。高い評価と圧倒的な人気を得ている韓国を代表する作家の一人。

park

 

斎藤真理子(さいとう・まりこ):翻訳家。訳書にパク・ミンギュの『カステラ』(共訳、クレイン)、『ピンポン』(白水社)、チョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』(河出書房新社)などがある。『カステラ』で第一回日本翻訳大賞を受賞した。

170228

 

吉原育子(よしはら・いくこ):翻訳家。埼玉大学教育学部音楽専攻卒業。成均館大学などで韓国語を学ぶ。韓国文学翻訳院短期集中課程修了。訳書にパク・ミンギュ『亡き王女のためのパヴァーヌ』、キム・ジュンヒョク『楽器たちの図書館』(共訳、ともにクオン)、キム・ジョンウン『私は妻との結婚を後悔している』(サンマーク出版)などがある。

 

【共催】
韓国文学翻訳院、クオン、クレイン、晶文社、白水社

 

※11月19日(日)に京都・恵文社一乗寺店でもイベントが行われます。
詳しくは、こちらまで→ http://www.cottage-keibunsha.com/events/20171119/

2017-08-18 (金)