「心で読み解く6・25と南北分断」特集

未だ休戦状態が続く6・25(朝鮮戦争)。2018年4月の南北首脳会談によって終戦宣言の日が近づいたかと思われましたが、まだ実現には至っていません。6・25は、その勃発当初からずっと韓国社会における重大なテーマの一つとして、絵本や小説、漫画、絵画・写真集などさまざまな形で描かれ続けてきました。隣国の「今」に続く歴史を心で感じる1冊に出会ってみませんか。

◇YA小説で知る子どもたちの苦しみと葛藤と希望
 『그 여름의 서울』(あの夏のソウル)

x9788936456511

朝鮮半島を南北に分断する戦争が始まった1950年6月。同じ民族同士がイデオロギーによって対立し互いに殺し合う中で家族や友だちを奪われる。そんな過酷で不条理な現実に翻弄されながらも子どもたちは自分らしく生きることを模索していきます。日本語版(影書房)もあります。

⇒ 購入はコチラから(韓国語版)

⇒ 購入はコチラから(日本語版)

 

 

◇国民的女性作家の自伝小説
『그 많던 싱아는 누가 다 먹었을까』(どこにでもあったあのスイバは誰が食べつくしたのか)

x9788901051598

『新女性を生きよ』(梨の木舎)として邦訳も出ている朴婉緒(パク・ワンソ)の長編小説。幼少時代を過ごした田舎の懐かしい風景と、戦争によって無残に壊されてしまったソウルの街、そして家族団らんがリアルに綴られています。韓国では150万部を超えるベストセラー。

⇒ 購入はコチラから

 

◇空腹の少年が想う故郷とは
『강냉이』(とうきび)

x9788958289166

朝鮮戦争によって避難を余儀なくされた人々の中に一人の少年がいました。見知らぬ土地でおなかを空かせた少年が思い出すのは故郷の懐かしい景色ではなく、畑で育てていたトウモロコシのこと。美しい絵と淡々と語られる悲しい物語の対比が切ない絵本です。

⇒ 購入はコチラから

 

◇DMZにも季節は巡る
『비무장지대에 봄이 오면』(非武装地帯に春がくると)

x9788958284918

1953年の休戦協定によって設定された非武装地帯(DMZ)は、今は誰も自由に出入りはできません。でも、春には草花が芽吹き、夏になるとイムジン河には鳥が飛んできて平和な時間が流れます。その様子を展望台から見つめる一人のおじいさんの思いは――。日・中・韓平和絵本シリーズの1冊、邦訳(童心社)もあります。

⇒ 購入はコチラから

 

◇赤い糸が伝える暖かい心
『털실 한 뭉치』(毛糸玉一つ)

x9788911030187

引っ越してしまった友だちを懐かしむ男の子の気持ちから、朝鮮半島の平和を願う心までを一つの毛糸玉に込めた物語。南北に分断された朝鮮半島の現実を描きつつ、懐かしさや恋しさを抱いて暮らす人々の哀しみを慰めてくれます。

⇒ 購入はコチラから

 

◇北と南を比べてみたら
『border | korea』

41V1yEiyFmL._SX397_BO1,204,203,200_

小学生の少女や制服姿の男子高校生、軍事境界線を挟んで対峙する軍人、地下鉄、繁華街と朝鮮半島の北と南に暮らす人々の日常を切り取った写真を2枚並べて構成。約70年前に分断された二つの国は似ていないようでとても似ている。様々なことを考えさせられる珠玉の写真集。

⇒ 購入はコチラから

 

◇写真で見るDMZの生々しい戦争の傷跡
『울지마 꽃들아』(花たちよ、泣かないで)

x9788943307721

写真家チェ・ビョングァンが民間人として初めて最前線の軍人と2年間にわたって生活を共にし、DMZを歩きながらその生々しい姿をカメラに収めた。途切れた鉄道、錆びた鉄甲、無名の勇士の墓、破壊された都市など戦争の傷跡をドキュメンタリー形式で示しています。

⇒ 購入はコチラから

 

◇『未生』の作家による長編歴史漫画
『인천상륙 작전 1: 해방과 혼란』(仁川上陸作戦1:解放と混乱)

x9788984317567

日本の統治から解放された第1巻に始まり、米軍政下の貧困と暴力が渦巻く社会、大々的な左翼粛清、朝鮮戦争が勃発した悲劇の瞬間、八尾島(パルミド)の夜、仁川上陸作戦と、戦争によって破壊されていく社会の惨状が描かれた長編漫画。全6巻。

⇒ 購入はコチラから

 

◇避難民の暮らしをリアルに描写
『마당 깊은 집』(庭の深い家)

x9788932034577

1954年から55年までの大邱を舞台にした長編小説。貧富の差、人間の根源的な欲望が避難民少年キルナムの語りで大変読みやすく描かれています。今年3月、大邱にオープンした著者のキム・ウォニル文学館にこの小説の舞台が再現されていて、今年の文旅@大邱で訪問する予定。

⇒ 購入はコチラから

 

◇6月にクオンから邦訳を出版
『광장』(広場)

x9788932027098

1948年、朝鮮半島の北と南に成立した二つの国。共産主義の北か、民主主義の南か。主人公は新世界を求め北へと渡るが、真に求めた「広場」はなかった。1960年に発表されて以来、教科書にも掲載され、今なお読み継がれる韓国文学の名作『広場』のほか、『九雲夢』を収録。

⇒ 購入はコチラから

2019-05-23 (木)