文学で旅する韓国-大邱編 催行記念「大邱を本で知る」特集

4回目となるクオン・チェッコリツアー「文学で旅する韓国」は、大邱へ向かいます。この催行を記念して、大邱にまつわる本、大邱を知るこ とができる本を集めてみました。

◇大邱を舞台に避難民の暮らしをリアルに描写
『마당 깊은 집』(深い中庭のある家)

0426173354_5cc2c272a665c

1954年から55年までの大邱を舞台にした長編小説。貧富の差、人間の根源的な欲望が避難民少年キルナムの語りで大変読みやすく描かれてい ます。今年3月、大邱にオープンした著者の金源一文学館にこの小説の舞台が再現されていて、10月の文旅@大邱で訪問します。また 「CUON韓国文学の名作」シリーズで2020年吉川凪さんの新訳で刊行予定。
⇒ 購入はコチラから

 

◇“人間の歴史物語”が描かれた恋愛小説
『도모유키 』(トモユキ)

898431160x_1
植民地時代の慶尚北道・大邱市を舞台にした長編小説。日本人が多く居住する北城路を舞台に、日本人トモユキと朝鮮人ミョンウェの恋愛を描いている物語。「民族と国家の境界を越え、“人間の歴史物語”を描きたかった」という著者のチョ・ドゥジンの視線は当時の人々の様子をリアルに伝えてくれます。
⇒ 購入はコチラから

 

◇国籍と身分の違いを超えた恋愛物語
『북성로의 밤』(北城路の夜)

0831184420_5d6a4174da786

1940年代の大邱市北城路を舞台にした百貨店の娘アヤコと配達夫ノ・ジョンジュの、国籍と身分の違いを超えた恋愛物語。著者の チョ・ドゥジンが、植民地時代に大邱で幼少期を過ごした日本人たちが当時を懐かしんで北城路を訪れる姿から着想を得た作品です。
⇒ 購入はコチラから

 

◇水崎林太郎さんの功績を絵本で伝える
『수성못』(寿城池)

thumb-7IiY7ISx66q77ZGc7KeA_400x400

大邱の観光名所の一つ寿城池は、日本統治下にあった1920年代に日本人、水崎林太郎が先頭に立って造られた貯水池でした。その功績が、地元の出版社Readers&Leaders「夢見るわが歴史絵本」シリーズの一冊に。生涯を大邱で過ごした水崎林太郎の墓は、彼の希望で池のほとりに朝鮮式で設けられ、毎年追悼式が行われています。
⇒ 購入はコチラから

 

◇大邱に暮らす脱北者の思いを知る
『나는 대구에 사는 평양시민입니다』(私は大邱に住む平壌市民です)

x9788993884395

大邱に住む脱北者のキム・リョンヒさんの自叙伝。第1部では、脱北した経緯や韓国で知る現実と絶望、そしてメディアに登場し変わっていく様子が描かれ、弁護士や記者たちによる脱北者インタビュー記事もあって読み応え十分。加えて第2部では平壌での生活が描かれ、北朝鮮に住む人々の「生」の暮らしを知ることもできます。読む進むにつれ「南北分断」という現実を否応なく考えさせられる一冊です。
⇒ 購入はコチラから

 

◇路地から大邱を知る
『골목길 거닐다 대구를 만나다』(大邱の路地を歩く)

x9788994637594

大邱の毎日新聞社の記者である著者が、数か月間、大邱の路地を自分の足で歩き回り、自ら撮影した写真と共に、大邱の路地の多彩な見所をまとめた一冊。「撤去」ではなく「保存」して生まれ変わった大邱近代路や観光名所として注目を集めているキム・グァンソク通りや東城路や北城路など“路地”から大邱を知ることができます。
⇒ 購入はコチラから

 

◇コルモク(路地)ツアーのストーリーテーリングブック
『大邱近代路の旅―コルモク』

x9788975815805

大邱の近代史が息づく文化遺跡や名所を観光資源として大邱市中区が開発した‘コルモク(路地)ツアー’案内書の日本語版。青羅の丘から始まり、 3.1万歳運動路、桂山聖堂、李相花・徐相敦古宅など華僑協会に至るコースをストーリー形式で楽しく解説しています。やはり大邱観光には「 路地」が欠かせませんね。
⇒ 購入はコチラから

 

◇日本初(?)の大邱をテーマにした観光ガイドブック
『大邱 週末トラベル 韓国第3の都市で過ごす ときめくテグの楽しみ方48』

91Z+3ScQeQL

日本で初めて刊行されたと言われる“大邱”に絞った観光ガイドブック。博物館めぐりや歴史散策から始まり、グルメ、人気のカフェ通りなど観光情報満載です。豊かな自然に囲まれて、歴史と文化を感じて過ごす、心も体も、もちろんお腹も大満足な大邱の旅情報を提供しています。小さめサイズで 旅のお供にぴったりです!
⇒ 購入はコチラから

 

◇大邱から慶尚北道までカバーしたガイドブック
『トラコリ韓国旅行大邱&慶尚北道』

61GIkM0i0pL

こちらは大邱と慶尚北道にフォーカスした旅行ガイド本。大邱に隣接する慶尚北道は、各市に世界遺産を保有する道で、世界中から多くの観光客が訪れる地方。幅広い年齢層が訪れる韓国の地方都市を存分に楽しむための情報が凝縮して紹介されています。2020年は大邱・慶尚北道観光の年。この本を手に旅に出掛けてみたくなります。
⇒ 購入はコチラから

2019-09-24 (火)